fc2ブログ
2008.01.28

ドラマ

生きてることは

自分という人間の一生をテーマにした

長編ドラマを見てるようなものだ、と

思うことがときどきある。



今まで自分が過ごしてきた時間のなかで

何かが次に来る何かの伏線になっていたり

全く別物だったはずの何かと何かが

思わぬところで交錯していたり。




ある時期にパッと現れてすぐに消えたあの人

ずっと共に歩んでいるこの人

出演者も移り変わってる。




嫌いだったものを好きになり

好きだったものが嫌いになる。



わかってたはずのものがわからなくなり

見えなかったものが見えるようになる。



このドラマ、多分死ぬまで飽きそうにない。


2008_01270014+.jpg


スポンサーサイト




Posted at 23:53 | 言の葉 | COM(0) | TB(0) |