fc2ブログ
2007.10.11

影あってこその光

今週1週間、「私の好きなもの」で写真をブログに載せるって宣言
したんだけど、既に二日ぶっとばしてしまいました…。
忘れてはいないんだけどね…コーチングで言うところのサボタージュ???

さて、気を取り直して…。
今日書きたい私の好きなものは「光」。
ハワイにひかれるのはあの強くて澄んだ光があるからっていうのが
大きいし、毎年11月あたりに日照時間が少なくなると、気分まで
滅入ってしまうほどお日様の光が好き。

写真が好きなのも、光と影の織り成すドラマに魅せられているからと
言ってもいいかもしれません。




これは、バウンダリーウォーターズでの一枚。
澄んだ秋の光が、なんてことない一枚の葉っぱをここまで輝かせてる
のがおもしろいと思って撮ったもの。
葉っぱ自体がその生命力で自ら発光しているようにも見えますね。

写真を撮るようになって気づいたことだけど、強い光は必ず同じだけ
強い影とセットになってます。
上の写真ではたまたま中央の葉っぱには万遍なく光が当たっているけど
背景では他の葉っぱたちが濃い影になってる。

影ばっかりだと暗い写真になっちゃうけど、光ばっかりだと被写体は
飛んでしまってよく見えなくなっちゃうし、第一見ててつまらない。
影があるから光が引き立つんだよね。

これって人間の中の光と影にもあてはまるのかな。
そのうち考えてみることにしましょう。
スポンサーサイト




Posted at 08:49 | 日々の中で | COM(4) | TB(0) |