fc2ブログ
2007.09.30

荷物のない旅 -荷物の行方編-

荷物のない旅には参加者の各自が意図を持って参加しました。
私の場合、それは「アタマでなくてカラダで決める」というもの。
これは旅行前のひろえさんとのコーチング・セッションで決めた
ものでした。

もちろんアタマだって悪いものではなくて、使いようだと思うけど、
私の場合、アタマで考えているといつの間にか「今ここ」から離れて
いらぬ心配や不安にどっぷり…ということがあるので、こんな意図を
持ってみたわけです。

自分の内側も外側も、余計なものを持たずに旅をする、という今回の
旅全体の意図からすれば、私の場合はアタマが「余計な荷物」でした。


DH000116+.jpg


旅の最中はサバイバルに必死でアタマを使う余裕は全くなく、結果的に
意図は達成されました。

バウンダリー・ウォーターズでのキャンプから、出発地点のハングリー・
ジャック・アウトフィッターズに戻って5日ぶりにシャワーを浴びた後、
静かな湖の桟橋にみんなで座って、旅のクロージングをしたときの
こと、キャンプでの体験を振り返ってみたら「アタマでなくてカラダで
決める」と考えていたこと自体、アタマで考えていたな~、となんだか
おかしくなりました

要するに、普段それだけヒマなのかも(笑)
そう考えたら、私はなんて恵まれていることでしょう。
私の世話が必要な子供も老人もいないし、長時間必死で働いて返さな
ければならない借金もない。

東京ではそれなりに深刻なつもりの悩みもあって、怒ったり落ち込ん
だりしていたけど、ハングリー・ジャックの湖畔から眺めてみれば、
それはたいしたことじゃありませんでした。

悩みがあったって暖かい部屋で眠れるし、食べ物も簡単に手に入る。
蛇口をひねれば安全なお水もお湯もすぐ使える。
夜トイレに行くのに、真っ暗な森の中をドキドキしながら歩く必要もない。
それだって、世界のたくさんの人たちの生活に比べたら、天国のような
こと。

そうは言っても、東京の現実に戻ってきたらいつもココロ穏やかという
わけにはいかないけど、「そこから見たらこれはたいしたことじゃない」
と思える場所があるということが、確実に私の何かに作用しはじめている。

バウンダリー・ウォーターズで一つ「荷物」を降ろして旅を終えたのと
同時に、ここからが新しい旅の始まりなのかもしれません。


スポンサーサイト




Posted at 20:24 | 日々の中で | COM(4) | TB(0) |
2007.09.29

荷物のない旅 -写真編-

今回の旅にはフィルムの一眼レフカメラのニコ次郎と、コンパクトデジ
カメのフジ太郎を連れていったのですが、フジ太郎は湖に落ちて
この世を去りました。

大好きな相棒で、いつも一緒だっただけにかなりショック…。
でも、カメラは助からなかったけど、メディアは生きてました!
プリント屋さんでピクチャー・カードの中を確認してみると、270枚以上の
写真が残されていました。

フジ太郎、ありがとう

DH000186+.jpg



DH000198+.jpg



DH000118+.jpg



DH000021+.jpg



DH000008+.jpg


ここに載せた写真はみんな穏やかな天気のときに撮ったもの。
さすがに激しい風や雨の天候の悪い日には、写真を撮っている余裕は
ありませんでした。

本当は朝日や夕日の写真も撮りたかったのですが、あいにくニコ次郎も
機嫌が悪く、結局撮れずじまい。
でもその分、自分の眼にしっかり焼き付けました。

そして、旅の途中のひろえさんとヴィニーとのコーチング・セッション
の場で、私は一つの「誓い」を立てました。

これから毎日一枚は必ず写真を撮ること。

その日から早速、ヴィニーのカメラを借りて写真を撮り始めました。

東京での日々は、毎日バウンダリー・ウォーターズのような美しい景色に
囲まれているわけじゃないけど、それでも撮り続けること。

Jim Brandenburgが90日間、1日一枚ずつ写真を撮って出した写真集を
まねてというわけじゃないけど、一年間それを続けてまとめてみたら、
自分の生きた日々を俯瞰できるようでおもしろいかも


Posted at 23:03 | お出かけ | COM(4) | TB(0) |
2007.09.24

荷物のない旅 -旅の仲間編-

今回の旅で忘れられないのは、仲間がいてはじめて
可能になった旅だったということ。

「荷物のない旅」にはガイドが三人いました。

主にアウター・ジャニーを担当してくれたキース。
いつもあれこれと休みなく働いて、みんなをサポート
してくれて、その姿勢には本当に頭が下がりました。

インナー・ジャーニーを担当してくれたヴィニー。
あまり言葉で色々言わないのだけれど、みんなを気に
かけてくれていて、さりげなく気遣いをしてくれました。

そして、総合プロデューサーとも言えるひろえさん。
アウター・ジャーニーとインナー・ジャーニーの両方に
目を配って、朝から晩までのスケジュールを常に笑顔で
こなしている姿に、大きな安心と勇気をもらいました。

それから私以外の4人の参加者たち。
ひとりひとりの名前は書かないけど、旅の前にはほとんど
知らない者同士だったのに、一緒にカヌーを漕ぎ、重い
荷物やカヌーを陸送するうちに、いつのまにか助け合って
励ましあって、急速に「仲間」になっていきました。

強い人、余力のある人が困っている人、弱っている人を助け、
みんなそれぞれ自分にできることで仲間に貢献する。

人っていざとなると、こうやってお互いを思いやって
協力するようになるんだ…。
人の中には生まれつき、ちゃんと善意があるんだな~と、
改めて確認できたことは大きかったです。

また、厳しい自然に向き合ったことで、仲間の結びつきが
より強くなったようにも感じています。
大自然のなか、近代的な道具なしの人間の力は微々たるもの
だけど、一人では無理なことが協力すると可能になったりします。
物理的なことだけでなく、たとえば悪天候で気がふさぎそう
なときも、仲間がいることで気持ちが救われたり…。

普段都会で暮らしているとふと忘れてしまう人のありがたみ、
関係の可能性みたいなものを、しっかり感じることができたことは
この旅の大きな収穫のひとつ

誰一人欠けても、この旅はできなかったな~。
一緒に旅したみんなに、本当にありがとう!


Posted at 00:09 | お出かけ | COM(4) | TB(0) |
2007.09.23

荷物のない旅 -お天気編-

ミネソタ州バウンダリー・ウォーターズでのカヌー・トリップから戻って
すでに一週間たとうとしています。

戻ってきてからひどい時差ボケに悩まされ、体験も消化しきれていない
感じで言葉にならず、さらにこの週末はプロセスワークのワークショップに
参加しているため、収拾がつかない状態。

でも、忘れないうちに少しずつ旅の記録を書いてみようと思います。

今回の旅は、予想に反してかなりサバイバルな旅になりました。
これまでカヤックで落ちたことはないのでタカをくくっていたら
接岸のときに見事沈してデジカメのフジ太郎を成仏させてしまい、
一眼レフのニコ次郎は機嫌が悪く、結局写真はほとんど撮れずじまい。
写真を撮るのをすごく楽しみにしていたのに、この事態には深い意味が
ありそう…。

極めつけはお天気。
渡航直前まで雨が降らず、バウンダリー・ウォーターズ内でキャンプ
ファイアー禁止令が出ていたため、みんなで雨乞いをしていたのですが、
その甲斐あって私たちの旅の前日に禁止令が解除に!
ところが今度は雨が降りすぎて、水かさの増した湖は場所によって
流れがきつくてなかなか渡れない。
風もかなり強くて、漕いでも漕いでも元の岸に押し戻される…。
一度はガイドのキースに救出される事態となりました。

一晩中激しい風が吹いたり、雨が降ったり、米粒大の雹が降ったり、
キャンプ最終日の朝には気温が氷点下数度まで下がりました。
寝袋がマイナス一度まで対応のものだったので、フリースのライナーを
入れてもさすがに寒かった!!!

その一方で、すばらしい日の出や、ダブルレインボーや、珍しいピンク色と
ラベンダー色の夕焼けや、満天の星空や流れ星も見ることができました。
寒いときの焚き火のありがたみや、暖かい食べ物、飲み物のうれしさも
しみじみと感じました。

振り返ってみれば、厳しいお天気も、穏やかなお天気も、色々な気候を
フルコースで味わわせてもらってお得な感じ
これでオーロラが見えたら完璧だったかも。
ガイド役のひろえさんは、7月にバウンダリー近辺で白いオーロラを
見たことがあるそう。

そんなわけで、結構ハードな旅だったんだけど、アメリカには恋して
しまった
正確にはミネソタに、バウンダリー・ウォーターズにですね。
アメリカにいたのに、なぜだか外国にいるという感じがしなくて、「この世
ではない、美しい場所」にいるみたいでした。

Posted at 23:17 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.09.08

荷物のない旅

今日から9日間、アメリカに行ってきます。
「荷物のない旅」です。

行き先は、ミネソタ州北部、カナダとの国境近くのバウンダリー・
ウォーター・カヌー・エリア・ウィルダネス(BWCAW)。
すばらしい森と、一千もの湖と、豊富な野生動物が集まる自然保護区です。
厳しく自然が守られているため、一度に森に入る人数を制限していて、
モーターのついたボートで旅することも禁じられているそう。
私たちの一行8人は、キャンプしながらカヌーで旅をします。

24歳のときにニューヨークに行って以来の北米です。
この数年、海外と言えばハワイばかり行っていたのですが、今年は
なぜかアメリカ本土に呼ばれている感じがするのです。

お世話になっている漢方薬剤師さんが、「島と大陸はエネルギーが
違うよね。今までよりもっとしっかりした何かを求めてるんじゃない?」
と言ってたけど、確かにそうなのかも。

荷物のない旅と言いながら、特大のスーツケースにハイキングシューズ、
長靴、カメラ2台、アウトドア道具…などなどばっちり詰め込みました。

旅先ではPCは使えないと思うので、旅の報告は戻ってからまた。

よい旅になりそうです


Posted at 10:48 | お出かけ | COM(0) | TB(0) |
2007.09.06

台風

2007_08110003+.jpg


東京に台風らしい台風が来ています。

この夏は比較的雨が少なかったように思うのですが、
今晩はまるで一夏分降ってるみたい。

久しぶりに家でゆっくりしながら、刻々と激しくなる
風と雨の音を聞いています。

明日はどうなるんだろう…。

なんとなく、嵐のあとって「新しい」感じがするんですよね。
空気が澄んで、いつもより景色が鮮やかに見えるからかな。



Posted at 22:07 | 日々の中で | COM(2) | TB(0) |
2007.09.04

ニコ次郎

ついに初めての一眼レフカメラ、買っちゃいました。
ニコンのF80。
名づけてニコ次郎

2007_09040006+.jpg


時代に逆行して、デジカメじゃなく銀塩カメラ。
私の新しい相棒です

先日から始めた写真のクラスの先生に、「上達するには
最初はフィルムカメラを使った方がいいですよ。」と
アドバイスをいただいたため。

デジカメに買い換える人が増えているせいか、思いの
ほか安く中古で手に入れました。

デジタル一眼レフもノドから手が出るほどほしいけど
まずはニコ次郎と楽しく遊ぶつもり。

今日のオマケ
今度一緒に旅をするひろえさんが、私の写真好きを知って
ジム・ブランデンバーグというフォトグラファーを教えてくれました。
ナショナル・ジオグラフィックなどで活躍されているそうですが、
すごく私の好きな写真を撮る方です。
↓↓↓
http://www.jimbrandenburg.com/flash/index_flash.html

Posted at 16:48 | 日々の中で | COM(8) | TB(1) |
2007.09.01

フラ&ベリーダンスなワークショップ

今日はお知らせ★

大好きな、大好きな、親友のまっし~が湘南でワークショップを
開催します。
一緒にリードするミッキーも、ワイルドな紳士って感じの
とっても素敵な人
あいにく私は行けないのだけど、ご興味のある方、是非ご参加
くださいませ~♪


■心の宝さがしワークショップ in 湘南■
■~フラ&ベリーダンスで ハートの扉 全開!!~■
■2007年9月23日(日)13:00~17:00■
■湘南サーフビレッジ 多目的ホール■

あなたの内側に光っている宝物はどんな宝物?
波の音を聴きながらリラックスして、
ハートの扉全開でダンスして、楽しんで。

私たちの内にあるもっと多くの宝物を活かせたら、
どんな人生を送れるでしょう?
夏の喧騒が過ぎ去った湘南の浜辺で、
自分の心の中に光っている宝物を見つけてみませんか!

●このワークショップは
CTI-Japan「コーアクティブ・リーダーシップ・プログラム」を
共に学ぶ、「まっしー」こと【増山晶子】と、
「ミッキー」こと【島田光浩】が、
様々なエクササイズ、ダンス、コーチング手法を取り入れながら、
参加者の皆さんと一緒に、心と身体を開放し、
自分自身の宝探しを楽しみ、
自然や仲間とつながることで、
今以上にパワフルな自分を発見していきます。

●このような方にお勧めします!
・今以上に自分に自信を持ち、自分をもっと好きになりたい人
・楽しみながら自分を開放して、新しい自分を発見したい人
・ フラ&ベリーダンスを体験してみたい人
(フラ:ハートを開き、大地や自然を感じ、大きな愛を踊る)
(ベリー:魅力的な自分「私って素敵♪」を軸に、開放的に自由に踊る)
・波の音が好きな人。 海が好きな人。
・すっきりリフレッシュして昨日よりさらに元気になりたい人
・ありのままの自分を表現したい人

●このワークショップに参加すると・・・☆☆☆☆☆
・自分の内側で光っている宝物に気づき、
それを日常に活かす鍵を見つけられる。
・自分って、思ってた以上に素敵じゃん!と思える。
・ありのままの自分でいるって、イイナァ~、楽しい!
という感覚を持ち帰ることができる。

●日時:2007年9月23日(日)
13:00~17:00(12:30受付開始)
●会場:湘南サーフビレッジ 多目的ホール
藤沢市鵠沼海岸1-17-3 ℡:0466-34-9912 
小田急 江ノ島線 鵠沼海岸駅より 徒歩10分
http://www.s-n-p.jp/surf_access.htm (詳細地図は別途ご案内します)
●参加料:3,500円(税込み)
●お申し込み・お問い合わせ先:
「お名前」「メールアドレス」「ご住所」「電話番号」をご記入の上、
mmpro2007@yahoo.co.jp までお申込みください。  
※定員は先着20名様とさせていただきます。

●リーダープロフィール
【増山 晶子(まっしー)】「太陽と月・海辺のアトリエ」代表
大阪育ち。ゲーム・TV番組制作、PC会社での職を経て、
2005年、コーチ(CPCC)、オーラソーマ・プラクティショナー
として独立。自分自身のかけがえのない想い(「=使命」)や魅力を
自由に生きること、ハートで思いっきり感じることを大切にしている。
大地の包容力を持ち、時には宇宙スケールでぶっとぶ、大笑いキャラ。
ベリー&フラダンサーや歌手、ピアニストの顔も持つ、多芸な、永遠の自由少女♪

【島田 光浩(ミッキー)】「モチベーションワークス」代表
東京生まれ 大学卒業後、雪印乳業に入社。在職23年間でセールス
マネジャー、マーケティングマネジャー、人材開発マネジャーを歴任。
2006年に独立し、コーチング&セミナーを通じて「人がより自分らしい
生き方を実現するために前に進むこと」を支援する「モチベーション
ワークス」を設立。「楽しく・分かりやすく・役に立つ」セミナーを
モットーに、フレンドリーで温かみのあるリードにはファンも多い。

こちらでも同じ内容をご覧になれます。
↓↓↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~massie/MMpro.htm



Posted at 19:55 | コーチング | COM(2) | TB(1) |